診断士を選ぶ際は実績が重要

診断士を選ぶ際は実績が重要

診断士を選ぶ際は実績が重要 新築で購入した家も時間が経過すると共に、徐々に老朽化が進んで行きます。老朽化したまま放置してしまうと不具合や欠陥となり、家の住み心地が悪くなるので注意すべきです。だからこそマイホームが少し古くなって来たら、ホームインスペクターに住宅の診断を依頼する事をおすすめします。
ホームインスペクターは住宅診断士として屋根や外壁、屋根裏や床下といった様々な場所を専門知識を活かしながら診断する事が可能です。住宅全体を目視した上で、メンテナンスや修繕すべき箇所を見付け出して中立的な立場からアドバイスをくれるので頼りになります。
ただしホームインスペクターの中には、いい加減な調査を行う人もいる恐れがあるので注意が必要です。なので依頼する人は、出来るだけ住宅の診断実績が豊富な人を見付け出す事をおすすめします。ホームインスペクターとして実績が豊富な人は、それだけ信頼性が高いと言えるので安心して依頼する事が可能です。同時に問題ある箇所を、しっかりと探し出してくれる確率が高いと言えます。

「ホームインスペクター」はどのようなお仕事?

「ホームインスペクター」はどのようなお仕事? みなさんは「ホームインスペクター」という存在をご存知ですか。「ホームインスペクター」の存在を端的に説明すると、要は「お家」のかかりつけのお医者さんと言えます。具体的には、別名「住宅診断士」と呼ばれる第三者的な立場、また専門的な知見から住宅の劣化状況や欠陥の有無、改修すべき箇所やそのすべき時期やかかる費用にいたる家に関するさまざまなことを診断し、専門家の立場からアドバイスを行います。その診断の方法は、目視で屋根や外壁、室内、屋根裏、床下などの劣化状態を診断するのが基本になりますが、機材を駆使した詳細を調査してもらえる診断を依頼することも可能です。
なお、日本ではあまり耳なじみのない存在ではありますが、すでにアメリカでは非常に知名度の高い多くの人が当たり前に利用する存在になっています。詳細は州にもよりますが、不動産取引の7から9割でホームインスペクションが活用されており、行うのが常識になっていると言えます。

新着情報

◎2019/9/17

ホームインスペクターの義務化
の情報を更新しました。

◎2019/7/10

人気の公認ホームインスペクター
の情報を更新しました。

◎2019/5/10

診断士を選ぶ際は実績が重要
の情報を更新しました。

◎2019/2/15

診断が必要な理由
の情報を更新しました。

◎2018/12/19

住宅診断のメリットとデメリット
の情報を更新しました。

◎2018/10/31

サイト公開しました

「住宅 実績」
に関連するツイート
Twitter

返信先:「住友林業」(東京都千代田区) 木材・建材流通事業と木造注文住宅 で国内首位の売上高。林業では国内 有数の土地所有者。 「熊谷(がい)組」(同新宿区) 北陸発祥準大手ゼネコン。超高層建築 最難関トンネル工事に実績。 「NTT都市開発」(同・千代田区) NTTグループ唯一の総合不動産会社で 国内12位。

宮城県|施工実績 【設計監理】㈲都市建築設計集団/UAPP 【施工管理】共栄ハウジング㈱ ■ 物件名 木町通A邸【新築工事】

【ご案内📣】相談総実績1012件🏆プロFPが家計全般の問題をまるごと一括で解消します👩‍🏫 「

【ご案内📣】相談総実績1012件🏆プロFPが住宅ローンの新規借入や借換えの相談のります👩‍🏫 銀行の選び方、団信の必要範囲、変動/固定金利の決め方、元利/元金均等の選び方、借り換えの要否など様々な相談🙆‍♂️

3Dプリンターの家、仮設住宅や復興住宅として早めに実績積めるかが普及の分かれ目になりそう。 1箇所に複数棟建てる方がメリットあるだろうし