住宅診断のメリットとデメリット

住宅診断のメリットとデメリット

住宅診断のメリットとデメリット 住宅の劣化状況、補修箇所、将来性などを細かな部分まで調べることを住宅診断といいます。この診断を行うのがホームインスペクターです。ホームインスペクターには資格が必要であり、その内容としては中古住宅の流通の際に必要な知識として建物や不動産に関すること、調査のための検査法、報告書作成などをの実力を問う試験を受けます。

ホームインスペクターに調査を依頼することで住宅を売る際や買う際に、素人ではわからない部分までの劣化などを調べることでそれらの取引がスムーズに行われ、後のトラブルを回避することができるのがメリットです。また中古物件が多く存在する現代においてその流通を促進させることにつながりやすいことで、近年活躍の場が広がっています。デメリットを上げるとすれば、売り主からすれば余計な費用がかかってしまうことや建物の具体的な劣化や不具合を公表してしまうと評価が落ちてしまうということです。しかし、後のトラブルなどを考えれば、こうした検査を行っておくことでそれを回避出来たり、信頼性を高めることもできるのです。

ホームインスペクターによる住宅診断のメリットとデメリット

ホームインスペクターによる住宅診断のメリットとデメリット ホームインスペクターとは、住宅診断士とも呼ばれる民間資格で、住宅の外周りや室内、床下などをチェックし、劣化の度合いや欠陥の有無などを見極めるホームインスペクションを行います。住宅構造や施工技術など専門的な知識を有しており、家屋の状態について適切なアドバイスを行うことができます。こうしたホームインスペクターによる診断には、建物の現状を正しく把握できたり、建物に対する買主の不安を解消できるなどのメリットがあります。

また、結果を参考にしてリフォームやメンテナンスを行うこともできますし、取引後のトラブル防止にもつながります。しかし、売主にとってはデメリットもあります。建物の劣化や不具合が明確化すると、売却するのに不利になりますし、ホームインスペクションを行うには費用もかかります。ただ、問題点が発見されれば、売主が事前に修理しておくこともでき、売買交渉時のアピールポイントにもなります。そして、売却後の瑕疵担保責任のリスクを軽減することもできるので、一概にデメリットとはいえないと考えられます。

新着情報

◎2019/9/17

ホームインスペクターの義務化
の情報を更新しました。

◎2019/7/10

人気の公認ホームインスペクター
の情報を更新しました。

◎2019/5/10

診断士を選ぶ際は実績が重要
の情報を更新しました。

◎2019/2/15

診断が必要な理由
の情報を更新しました。

◎2018/12/19

住宅診断のメリットとデメリット
の情報を更新しました。

◎2018/10/31

サイト公開しました

「住宅 メリット」
に関連するツイート
Twitter

あまり知られていませんが、サラリーマンはオワコン。なんてことはありません。家が借りられたり、住宅ローンが組めたり、クレカが持てるのは、会社の信用力のおかげ。さらに、安定して給与やボーナスが出て、福利厚生もあって、社会保険料の半分は会社が払ってくれるなんて、メリットだらけ。でも……

社宅を用意するよりも住宅手当を支給する方が 会社も社員もメリットあると思うのですけどね。

男性が32歳頃までに身を固めるメリットがあるといいよね。女性側はこの頃いいなと思う人がいればさっさと結婚して子供欲しいわけだけど、ぐずぐずあと6年くらい独身満喫したいのは男だよ。32歳までの夫婦での住宅購入に対する控除とか?うちの年下夫くんは20代で結婚決断してくれて偉かった。

あまり知られていませんが、サラリーマンはオワコン。なんてことはありません。家が借りられたり、住宅ローンが組めたり、クレカが持てるのは、会社の信用力のおかげ。さらに、安定して給与やボーナスが出て、福利厚生もあって、社会保険料の半分は会社が払ってくれるなんて、メリットだらけ。でも…

返信先:長期優良住宅にするなら耐震等級2以上必要ですし、実際のところ制震ダンパー付けたからといって等級が上がるわけでもないので、今後長い目で見た時に保険料とか出費面でメリット大きい方を選んだらいいと思います👍

住信SBIネット銀行住宅ローンの金利タイプは?プランの特徴やメリット・デメリットについて解説